おすすめの仮想通貨取引所を紹介するよ!

ビットフライヤー 取引所

※こちらも最新情報など随時更新していきます。(2018年1月6日更新)

さて今回はおすすめの仮想通貨取引所を紹介していこうと思う。
現在、国内や海外に様々な仮想通貨取引所が有り、その数は仮想通貨の種類と同じく今日も増え続けている。

国内では先日、金融庁の認可制になり悪質な業者を排除する動きが活発化している。

さてそんな中で仮想通貨を取引してみたいけれど、どこの取引所が手数料や扱う通貨数が多いかなどというのがまだわからない人のためにまとめてみたので参考にして欲しい。

 

 

国内の仮想通貨取引所

Bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
言わずと知れた国内最大手にしてビットコインFX取引量世界最大手
取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)、イーサクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)の6種類
FX機能も充実しており、俺はここをメインで使っている。

1月には新規のコインを取り扱うとも発表しており、その動向にも注目が集まっている。
過去にもMONAを取り扱いしたところ、価格が10倍以上になったということもあるため一層目が離せない。

また現物やFX取引のランキングに応じて毎日賞金を配っている。☟
ビットコイン トレードグランプリ
上位の方に入らずとも、チャットボーナスやログインボーナスなど、無料で毎日ビットコインがもらえるという利点がある。

モナコインなども含め、主要通貨はだいたい取引できるので口座を開設するならまずはここがベスト。

 

Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
手数料が少し高いが、国内では扱っている仮想通貨の数がダントツ
ビットコインを始め、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、ネム(XEM)、モネロ(XMR)など13種類

Coincheckが扱った仮想通貨はどれも2017年はものすごい上昇率になっており、扱われる仮想通貨の注目度も高い。
また、スマホアプリが充実しており見やすいのが特徴

FX取引もできるので仮想通貨取引所としてはBitflyerと合わせてここも開設しておくべき。

 

Zaif


独自のトークン「Zaifトークン」を発行し、取引所内で売買できるようになっているのが特徴。
その他にも企業が発行しているトークンや運営元のテックビューロの「COMSA」などが売買可能。

主要取り扱い通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)の4種類
モナコインの信用取引(売り建て)はここでしかできない

モナコインを売買するならここしかないという取引所。

ただし、サーバーが常時重く注文が通らないこともしばしば。
すこし信頼性にかける取引所なので取引する際は注意したほうが良い。

※最近はサーバーが強化され改善されつつあります、また取り扱っているXEMが急上昇しているため登録するメリットも増えている。
   新規登録者数が急増していて、本人確認の書類が届くのも時間がかかるため興味があるなら早めに登録しとくべき。

 

QUOINE

少しマイナーだが、日本の取引所、金融庁登録交換業者として登録済み。
独自のコインであるQASHを発行している。

レバレッジ取引も、国内では珍しい25倍に対応。
ただしビットコインなどは板が薄いので注意。

QASHは国内だとQUOINEでしか取引できないため一応口座開設しとくのもアリ。
最近は結構値上がりしていて、知る人ぞ知る盛り上がりになっている。

海外の仮想通貨取引所

 

Binance

最近急成長中の海外取引所、UIがとても使いやすくチャートも見やすい、さらに日本語にも対応。
最近TRX/BTC(トロン)の取引が伸びてきて、世界最大の取引量を誇る取引所に成長。

なにより手数料が破格。

中国(香港)に本社があり、独自通貨Binance coin(BNB)を発行。
このBNBは現在
100倍近い値上がりとなっている、理由としてはBNBを使って取引手数料を支払うことができ、BNBを使った場合は手数料が半額になるというサービスがあるため。
また取引所がこのBNBを買い戻ししてるというのも理由の一つ。

日本の取引所QUOINEとも提携、今後注目の取引所なのでまずはここを登録するべし。

 

Bittrex

海外アルトコインを買うならここ、アメリカの取引所。
種類がとにかく豊富で銘柄をとにかく吟味できる点がポイント。

様々なアルトコインが購入でき、アルトコインの中でもまだまともなものが上場している。

国内大手では取引できないようなものが多数あるので、海外アルトコインで夢を見てみたい人にはおすすめ

ただ、銘柄によっては上場廃止になるものもあるので注意。

※2017年12月16日、新規登録が利用者数急増のため一時停止になり既存のアカウントでしか取引できなくなりました。

Bittrex 新規登録 一時停止

過去数週間で新規アカウントの登録申請がめちゃくちゃ来ました。 不運なことに、私たちはその多大なトラフィックをサポートしきれません、なのでしばらくの間ユーザーの新規登録を停止します。 もしあなたがBittrexのアカウントを既に持っていればその影響は受けません、そのままログインしてください。 みたいなことが書いてある、適当に訳した

 

Poloniex

アルトコイン取引の元世界最大手。(現在は順位が落ちてる)
アルトコインの種類も豊富で、安全性も高い。

本社はアメリカ。

ただトレード画面のUIが使いにくいのがデメリット。
海外口座では開設しておきたい取引所の一つ。

 

BitMEX

海外の取引所でも数少ないハイレバ取引可能な取引所。
なんと最大100倍のレバレッジ取引が可能。

手数料も安い方なので、ハイレバで一攫千金を狙うならここしかない。
ただレバレッジ取引は多大なリスクを伴うのであまりおすすめはしない、それでも挑戦したいという方はどうぞ。

結局どこがいいの?

初めて仮想通貨取引をする人もいるかも知れないのでまとめてみる。
簡単に言うと、どんな取引をしたいかによってメインにする口座を決めるのがいいだろう

仮想通貨取引初心者・興味がある人

これらに当たる人は、断然Bitflyerがおすすめだ。
初心者にもわかりやすいUIでアプリも充実している。

また、少し慣れたらBTC現物取引・FX取引でキャピタルゲインを得てみたいという用になってもツールが充実しているため対応できる。

仮想通貨取引経験有り・アルトコインも触ってみたいという人

これらに当たる人は、国内ならばCoincheck、海外ならばBinance、BittrexやPoloniexがおすすめ。
アルトコインに分散投資したり、一攫千金を夢見てマイナーな仮想通貨に手を出してみるのもいいだろう。

以上のように、用途に応じて取引所を分けるというのもありだと思う。
またその時その時に話題になっている仮想通貨を取引するために取引所を使い分けると言うこともある。

現在モナコインがものすごい暴騰を見せているが、こういった時に信用取引(売り)もしたいといった際はZaifを選ぶのがベストだ。
モナコインの値動きが落ち着いたら、またメインの取引所でトレードをするという感じで使い分けるのも悪くない。

仮想通貨のFX取引を中心にやってみたい人

これらに当たる人は、国内ならBitflyerCoincheck、海外ならBitMEXがおすすめ。
ただしレバレッジ取引はリスクも大きいのでそれを理解しないといけない。

最初は10万~30万程度(もちろん数万でも)でやってみて、徐々にロットや資金を増やしていくというのがいいだろう。

俺も5万円から4ヶ月で1億を達成したが、その殆どはFXのレバレッジ取引によるもの。
リスクもあるが夢もある。

一攫千金を狙うならまずは挑戦、それに変わりはないだろう。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

このような感じで仮想通貨の取引所は様々な種類がある。
ここでは紹介しきれていない取引所も多数あるが、今回はかなり主要なものであり、尚且つおすすめできる取引所を挙げてみた。

まだ仮想通貨取引をしたことのない人は、この機会に是非口座を開設してトレードしてみたらどうだろうか。

もちろんリスクもあるが、その分リターンもある。
夢を大きくつかめるかも知れないのがこの世界なので、是非とも挑戦して欲しい。