ビットコインをはじめとした仮想通貨投資の将来性を成り立ちから語ってみようと思う

ビットコイン 画像

おすすめの仮想通貨取引所をまとめました☟
おすすめの仮想通貨取引所を紹介するよ!

はじめに

いま仮想通貨投資をしている人も、まだよくわからないが興味はある人、全くやってない人、様々いるかもしれないが今回は簡単に仮想通貨がどのようなものかを簡潔に説明してみようと思う。
また、どうして俺がこの世界で戦ってみようと思ったかについても少し話を交えながら説明していきたい。

 

そもそも仮想通貨とは?

最近ではニュースや新聞などでよく目にする「仮想通貨」の文字。
いまやビットコインの時価総額はトヨタを超える勢いだ。

そんな仮想通貨だけど、そもそもどういったものなのか?
簡単に説明していきたいと思う。

仮想通貨というのは基本的には文字通りの意味だ。
インターネット上の通貨であり、中央銀行などといった管理者が存在しないといった特徴がある。
国境も関係がなく利用ができるため、幅広い使用方法が期待されており従来の通貨常識を覆すものになると期待されている

また、取引所を介すことで円やドルなどの通貨とも交換できるので今は扱いやすくなっている。
なかでも「ビットコイン」という通貨が仮想通貨のなかでも主流の位置にいることはご存知だろう。
そのビットコインについて詳しく解説していこうと思う。

 

ビットコインについて

ビットコインは「サトシ・ナカモト」を名乗る人物によって2009年に運用が開始された仮想通貨だ。
さっきも話したとおり、中央銀行などの管理者が存在しないというのが特徴だが、それでは信頼性がなくなり通貨としての価値を本来は持たない。

そこでビットコインは「P2P」と呼ばれる仕組みを利用し、暗号化の技術と組み合わせることで信頼性を担保とすることにした
簡単に説明すると、このP2Pと呼ばれるシステムはすべてのパソコンで情報を共有する技術のことだ。
ここで重要になるのがブロックチェーンと呼ばれるものだが、これは「情報をシェアする」というもの。
ブロックごとに記録を残し、それをつなげ、過去のデータと矛盾がないかをみんなで監視し合う。

つまり、何らかの情報を書き換え用としたとき、情報をみんなでシェアしているため、すべてのパソコンの情報を書き換えなければならなくなる
こうすることで、より強固なセキュリティを構築しようというのがブロックチェーンの根本である。

このように中央銀行などを介せず、みんなでみんなを監視し合うという画期的なシステムによってビットコインは守られている。
これにより従来にはなかった、送金速度や信頼性、通貨維持費の削減などを可能にしたわけだ。

また、ビットコインは約2100万枚までしか発行されないと決められている
この上限があるからこそ価値が高まっていくという側面があるのも忘れてはいけない

 

「仮想通貨投資」について考える

ではここで一度振り返ってみよう。

ビットコインは2009年に始まったがもともとどのくらいの値段だったのか?
2009年10月5日、初めてビットコインについた値段は5050BTCを5.02ドル、つまり1BTCあたり0.1円という値段だった。(1ドル100円計算)

現在が約130万円なので1300万倍になったということになるわけだ。

もちろんこんな初期には知る由もないわけだが、少しマニアの間に浸透し始めた頃にこんなエピソードがある。

2010年5月22日に初めて仮想通貨とモノが交換された。
それはピザ2枚と1万ビットコインの交換で、初めてここで仮想通貨が現実のモノと交換できることが証明された。

現在のレートで考えると1300億円のピザということになる。

このように初期に投資できればわずか1万円程度の投資だったとしても、莫大な利益をもたらす可能性がある。
現在ではビットコインの他にもイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどさまざまな派生した仮想通貨があり、今も生まれ続けている。

これらのビットコイン以外の仮想通貨も初期の頃から考えると、ビットコインに引けを取らない上昇率になっている。
仮想通貨の魅力はここにもある。

つまり、出遅れということがない。
新しく生まれる仮想通貨に何か鍵になる特徴や機能があればまたたく間に注目され、一気に上昇する可能性もあるわけだ。

また、仮想通貨全体の時価総額や取引量もFX(為替)や株に比べるとまだまだ少ない。
俺自身、ここに可能性があるのではないかと思い一発勝負してみようと思ったのもある。

次に少し俺の話をしたい。

俺が仮想通貨トレードを始めようと思ったわけ

きっかけは些細なことだった。
2017年8月当時の俺は、前年度に株で10年かけて増やした1000万を全て失い、加えて借金を100万も背負い、バイトをするしかないただのフリーターだった
誇張でもなんでもなく単純に諦めていたフシもあったし、いくら時給1000円のバイトをしても借金の利息しか返せない、そんな本当にありがちな地獄を見ていた。

そんな中、当時なんとかバイト代や私物などを売却し、5万円を作った。

その前に絶対に諦めないと決めた出来事(後日追記します)があったのだが、諦めたくないという思いを決めて立ち上がったのはいいが、いざ5万円でどうする状況を変えるのかというところが問題だった。
実際5万円というと、競馬などで一発当てられなくもないがなくなってしまったら本当にすぐ終わりだし、パチスロなどでもそれは一緒だったと思う。
かといってずっとやってきた株をやるには資金が少ない、FX(為替)も考えたが、日本の口座では5万だといくらなんでも厳しい。

そんななかで最後に思いついたのが「仮想通貨」だった。

名前は聞いたことがあったし、ビットコインなどの価格が上がっているのも知っていたので、大手の取引所にすぐさま口座を開いた。
まだ口座を開いた段階ではこれだ!とは思えなかったが、少額でトレードしたり、仮想通貨について調べているうちにわかってきたことがあった。

それは、とにかく将来性があること。

ビットコインを始め、ほかの仮想通貨(いわゆるアルトコイン)などの直近上昇率もすごいことになっていたし、最初に話したブロックチェーンとP2Pの仕組みも調べているうちにとても画期的であり、これが流行ればまだまだこんなところでは終わらないと思ったからだ。

そして俺の場合何より「後がなかった」のもある。
そもそも借金をしている状況で、お金を作ってトレードを始めることは間違いなのかもしれないが、一発逆転を狙うにはこれしかないと思ったからだった。

実際結果としてこれが見事に当たり、仮想通貨の上昇の波にも乗り、8月には5万円だったものが11月には一時6000万を超えるまで資産が伸びた
文字通りの一発逆転を俺は得たわけだ。
将来性という意味で言えば、仮想通貨はまだまだ未知数だということは言うまでもないだろう。

 

仮想通貨の将来性

ここまでいろいろと語ってきたわけだが、仮想通貨の将来性の側面でもう少し踏み込んでみようと思う。

知ってのとおり、2009年の時からいままでの上昇率はとんでもないことになっている。
そして前述のとおり、ビットコインを追うほかの仮想通貨に関しても上昇率は目を見張るものばかりだ。

これだけでも充分将来性はあるし、未知数だとも言ったがまだ少し話したいことがある。

それは、世界全体の「通貨」そのものの価値を変える可能性があるということだ。

大げさかもしれないが、現在世界には通貨が溢れすぎている。
基軸通貨のドルを始め、円やポンド、元、ユーロ、はたまた新興国の通貨まで含めればものすごい数になる。

また、これらはそれぞれの国家の中央銀行によって信頼を担保されているが、無尽蔵に発行できるという側面がある。
かつて金本位制だった世界は現在、管理通貨制度となっている。
ここには重要な落とし穴があり、通貨当局は金の保有量にかかわらず通貨供給量を増減させることができるのだ。

現在世界は非常に供給過多な通貨量となっていてそれは大規模なインフレを起こす可能性がある。
単純にこれは特に対円にすると分かるが、ドル円の40年のチャートや元のチャートも通貨供給過多でドル安・元安が続いている。

これは供給過多によって確実にその価値が下がっていることを意味する。

ビットコインは発行枚数の上限が決まっており、尚且つ世界中のどこでも同じ通貨として使用できるメリットがある。
中長期的な目線で考えれば、ビットコインをはじめとする仮想通貨が「現金」の代わりをするということは十分に考えられることだと思っている。

事実、日本では馴染みがないがアメリカなど欧米各国では現金よりもクレジットカードが使われることが多い。
カード社会というのは仮想通貨社会を生み出す予兆に充分成りうると思う。

これだけではないが、ビットコインは確かに課題も多いが、画期的な側面も多くこれからの通貨世界を変えていく可能性は十分あるはずだ。
数年後には1ビットコインが1000万円を超える予測が様々なところからでているのも、あながち間違いではないのかもしれない。

これらが俺の考える仮想通貨の最大限の将来性だ。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
自分の中で仮想通貨に対しての思いをかなり述べてみた。

まだ仮想通貨投資をしたことがない人や興味がある人は、少額でもいいのでぜひ投資に触れてみて欲しいと思う。
俺はITバブルの時をしらないが、こんな感じだったのだろうか。
もしかしたら、まさに通貨の歴史が大きく動く瞬間に立ち会っているのかもしれない。

仮想通貨取引に興味を持ってもらえたら、おすすめの仮想通貨取引所をまとめてみたのでよかったらこちらも見ていただければ嬉しい。

おすすめの仮想通貨取引所をまとめました☟
おすすめの仮想通貨取引所を紹介するよ!